読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

忘れたくない想い出

私が高校時代に所属していたバレーボール部のOB,OG会が毎年この季節に開催される。

1期生から8期生までが集まる会であるが年々参加者が減ってくる。

忙しくて来れないメンバーやめんどくさくて来ないメンバーが増えてきている。

私が3期生であるから先輩諸氏は、既に還暦を迎え元気にしている先輩もいれば他界した先輩も出てきている。

私も性格上飲み会等には興味がないのであるが、同期の女性に会いたくて足を運んでいる。本当のところはその女性に会いたいのではなく、その女性の友人で高校時代から

未だにお付き合いのある女性の近況を聞きたくて参加している。

そこは、世渡りの上手い私のことであるから、それを見抜かれぬように何気なく聞くようにしている。

その女性は私が高校2年生の時から24歳までお付き合いした女性である。

それとなく旅行した時、スマホで写した写真を見せてもらったりするが、あの日のままである。

真剣に結婚を考え二人で貯金もしていたが、長すぎた春であった。

彼女の親に反対されて成就しなかった。

今この年になるとまた、写真等を見ると無性に会いたくなる。

嫌いで別れたのでないので今でもその当時の顔、声、仕草までがはっきり思い出すことができる。

この話に関しては、オッサンの淫らな考えはない。ないと思う~~~~

会って空白の35年の話をしてみたい。

今度、バレーボール部の同期の女性に上手くいって皆で会おうって企画してもらう様にお願いしようと思うが口べたな私が上手く言えるか自信がない。

でも、この年でまだ確り覚えてると言うことは、相当好きだったんだと思う。

年寄になった私の一生の願いって何回も違う場面で言っているが、会いたい~~

元気な時に会いたい~~~

あ~~~ぁ

今横でテレビ見ている奥さん見たら怒るやろうな・・・ きっと!